ミスマッチを軽減して、歩留まり低下を防ぐ!流行りの「カジュアル面談」のコツを伝授


 

「カジュアル面談」という言葉を目にする機会が増えているのではないでしょうか。本格的な選考に入る前に「求職者と企業がお互いを知るための場」として設けられるものです。

流行っているのは知っているけど、選考の工程を増やすのはちょっと面倒…と感じてはいませんか?でも実は、「母集団形成」「歩留まり改善」に非常に効果的なんです。経歴やスキルだけでは分からない、「人柄」や「スタンス」を把握するのにも最適と言われています。

では、具体的にどのように行えばいいのでしょうか?
今回は、カジュアル面談初心者の採用担当者さま向けに、コツをまとめました。

こんなお悩みありませんか?

これらのお悩みを解決することができる方法の一つが、求職者の最初の心理的ハードルを下げる「カジュアル面談」です。
これから、ポイントを3つご紹介します。

「カジュアル面談」3つのポイン

1.「カジュアル面談」は選考ではない

最近よくあるのが、求職者が「会社の雰囲気を知るための場」だという認識で面談に行くと、志望動機などを聞かれ、さらには選考結果のメールまで届いた…というケース。これは、企業側が、カジュアル面談という場の意味を履き違えてしまっていることが原因です。

もちろん採用活動なので、選考の一過程として対応しているというのが本音でしょう。しかし、あくまでもカジュアル面談は、「企業が選考をする場ではなく、求職者が企業を理解する場」であることを理解しておきましょう。

カジュアル面談を希望している求職者は、

といった思いを持った上で企業に興味を示しています。ですから、面談時や面談後のコミュニケーションにおいては、「実際に選考を受けるかどうかのジャッジは求職者側が行う」ということを念頭に置いておきましょう。

2.「カジュアル面談」実施時の注意点

あくまで選考ではない、ということを意識した上で、以下に注意して実施しましょう。

まずは、レジュメの持参は依頼しないこと。選考ではないざっくばらんな場なので、当然です。もし求職者が予め用意をしてきた場合は、それを見ながら話すことは問題ないでしょう。

次に面談の実施方法ですが、対面だけではなく、電話面談や、SkypeやZoomなどのオンライン会議ツールを使ったWeb面談も検討しましょう。職場の雰囲気は来社の方が伝えやすいかもしれませんが、求職者の物理的負担を軽減することも大事なポイントです。電話やWebだからこそ真のコミュニケーション能力が分かる、というメリットもありますよ。

最後に、選考に進むかどうか(=応募)の意思確認をするとよいでしょう。せっかく時間を設けたのですから、お互いのネクストアクションをすり合わせましょう。求職者の意思に合わせて、改めて書類選考をするのか、すぐに面接日程を組むのか、調整をしてください。

3.「カジュアル面談」から応募につなげるコツ

では、カジュアル面談からの歩留まりを上げるにはどうしたらよいのでしょうか。
ここでは、せっかく設けた時間を無駄にしないために、有効応募につなげるコツをご紹介します。

「面接」の場合はあくまでも企業側が聞きたいことを用意し、ジャッジをする場であるのに対して、「カジュアル面談」は求職者が応募前にその企業を知るための場。ですから、求職者からの質問に答えることを最優先してください。その質問内容から、仕事に対するスタンスや価値観が垣間見れることも多いでしょう。

また、転職に対して明確な意思がない状態の方であれば、キャリア相談に乗りつつ、一緒に転職軸を整理してあげるとよいでしょう。その軸をもとに、「自社なら何が叶えられるか」といった提示をすることでアトラクトすると、求職者の明確な志望動機につながり、非常に効果的です。

LiBzCAREERで、効果的なカジュアル面談にチャレンジ!

さまざまな採用媒体がありますが、カジュアル面談という採用フローが当たり前になっている媒体と、そうではない媒体が存在します。従来型の求人広告媒体の場合は、応募後に一次面接に進むのが一般的。それに対して比較的新しいSNS型の媒体などは、気軽なコミュニケーション設計になっているため、登録ユーザーもカジュアル面談というフローに慣れています。

LiBzCAREERは、まさに後者のような、フランクなコミュニケーションができる世界観の採用媒体。例えば企業側が「面談確約」という形でスカウトができたり、求職者とのやり取りもメールではなくチャットのようなスタイルで進めることができます。女性特化ということもあり、堅苦しくないコミュニケーションが好まれることも多く、カジュアル面談と非常に相性の良い媒体と言えます。

お互いを知った上でミスマッチのない採用を実現できるので、入社後の定着といった効果も期待できるカジュアル面談。 有効活用して採用成功した事例も多数!次に、カジュアル面談から希望通りの採用を叶えた3つの事例をご紹介します。ぜひご覧ください。

キャリア採用が難しいブライダル業界。カジュアル面談で相互理解を深め、2ヵ月で熱意ある即戦力人材獲得! ( 株式会社アルカンシエル )

「会場や会社の雰囲気を知ってもらい、就業後のイメージを描けるようにすることで早期離職を防ぎたいという意図があり、気軽なアプローチでお互いのマッチングを確認できるカジュアル面談を設定。平日でも仕事帰りでも来社OKにして気軽な訪問を促し、相互理解を深めることで、短期間で即戦力人材を採用できました」

1日15分程度のスカウトと電話でのカジュアル面談で2倍の内定率!幅広い職種で月1名ペースの採用を実現 ( ランスタッド株式会社 )

「カジュアルな面談にお誘いして会社の説明をしつつ、キャリアプランのヒアリングを実施。当社で叶う働き方やキャリアイメージをすり合わせた上で、選考に進むかどうかを判断してもらいました。カジュアル面談は手間がかかると思われがちですが、電話で実施すれば双方の負担が少なくお互いを知る機会を設けられるので、おすすめです」

採用難易度が高いレジャーホテル業界。見えづらい業界イメージをカジュアル面談でクリアにし、2ヶ月で3名の採用成功!( 株式会社スタイルズ )

「業界の見えづらさを払拭するために、初回は面接ではなくカジュアル面談を実施。いきなり選考をせず「まずはお話をして会社や業務のことを知ってみませんか?」というアプローチをしたんです。まずこちらから情報をお渡しして、疑問や不安がクリアになったら選考をしましょう、と段階を設定したことが、心理的ハードルを下げることに繋がりました」

 

その他多数のご活用事例など
個別無料相談受付中

03-6455-0075

(10:00-18:00)