女性採用が得意な企業が行っている!採用活動の3つのポイント


 

各企業が女性の採用に注力している中で、「優秀な女性が集まっている企業」と「なかなか採用できない企業」が分かれ始めています。そこで、LiBzCAREERで実際に採用支援した企業の成功事例をもとに、女性採用がうまくいっている企業の採用活動のポイントをまとめてみました。

こんなお悩みありませんか?

女性を採用したいけど、こんな理由で諦めかけていませんか?
でも実は、心がけるポイントさえ正しく押さえれば、どのような企業でも上手にアトラクトできる可能性はあるのです。

採用のプロセス順に、ポイントを3つご紹介します!

<ポイント①>インサイトの把握
キャリア女性は未来への意識が高い!

決まったターゲットにアトラクトするためには、インサイトを深堀りしてみることが大事です。では、今回のターゲットである「優秀な女性人材」は、一体どんなことを考えているのでしょうか。

一般的に、キャリアに対して意識の高い女性ほど、結婚・出産等のライフイベントを踏まえながら、数年後のキャリアプランまできちんと考えている人が多い傾向にあります。つまり、目の前の仕事の華やかさや興味関心よりも、未来に対して意識が向いているといえます。

このように考えている女性求職者に対して、求人票や面談の場で「自社の場合は…」としっかりアピールできるようにしておくといいですね。

<ポイント②>メッセージングの工夫
ビジョン共感を促す&「私が助けたい」と思わせるような訴求

では実際に、求人票やオファーメールを書いたりするときには、どんな訴求が有効なのでしょうか。少々小手先のテクニックにはなりますが、女性求職者の心を動かすメッセージングのコツを紹介します。

キャリアカウンセリングの場面では、男性より女性のほうが「自分のスキルに自信がない」と感じている人が多いと言われています。だから、スキルや経験を求める直接的・挑戦的なメッセージよりも、情緒的なアプローチが有効です。

特にオファーメールは、テンプレート感を抑え、目の前の人にカジュアルに話しかけるようなトーンで書いてみるとよいかもしれませんね。

<ポイント③>コミュニケーションの設計
情報提供や認識のすり合わせは、惜しまず丁寧に!

いよいよ面談や面接の場。どのようなコミュニケーションを心がけたらよいでしょうか。

多くの面接担当者から聞く話では、男性は「とりあえずやってみよう!」という気持ちで飛び込んでくる人が多いのに対し、女性は一つひとつ、具体的に不安要素を潰していきたいという傾向があるようです。ライフイベントを踏まえ、長期的なキャリアを考えているからこそかもしれませんね。

こういったコミュニケーションを心がけると、「私に情報を開示してくれているんだな」という信頼感を持ってもらうことができます。

女性採用のノウハウなら、LiBzCAREER

いかがでしたか?明日からすぐに実践できるポイントもいくつかありますよね。

国内最大級の女性に特化したプラットフォーム「LiBzCAREER」には、このような効果的なアプローチ方法など、女性採用のノウハウがたくさん集まっています。企業さまごとにターゲットやメッセージングをさらに細かくプランニングし、狙いどおりの応募が来るようにアドバイスさせていただきます。

最後に、女性採用に成功した3社の事例を、すでに企業さまでご活躍中の転職者インタビューと共にご紹介します!

事業責任者を任せられるキャリアとチャレンジ精神。長年求め続けてきた最適な人材をわずか2ヶ月で獲得(株式会社UENマネージメント)

キャリア採用が難しいブライダル業界。カジュアル面談で相互理解を深め、2ヵ月で熱意ある即戦力人材獲得!( 株式会社アルカンシエル )

IPOに向けた社内体制の強化。事業部間をブリッジできるキャリア層人材を3か月で3名採用!( 株式会社シー・コネクト )

 

その他多数のご活用事例など
個別無料相談受付中

03-6455-0075

(10:00-18:00)