『スカウト開封率の良さは圧巻!低コストで効率よく人材を2名採用』


株式会社Branding Engineer コーポレート・マネージメントDiv 採用・広報担当  根崎 結花 様

導入前課題

・新卒採用、中途採用を全て1人で行っているため、効率的な採用活動が必須だった
・大手求人媒体だと企業認知度がなく、埋もれてしまうが人材紹介だと採用単価が合わない

導入後効果

・『DIYプラン』で採用できたため、採用単価を低く、かつ優秀な人材を採用できた
・営業アシスタントで募集していたが、1人キャリアアドバイザーで採用成功した
・データベースが見やすく、機能が使いやすいため、隙間時間を有効活用して効率的な採用ができた

企業認知度の低さ、難しい仕事内容…担当が1人きりでも効率的で費用対効果の高い採用活動を目指す

―弊社サービスを導入する前の採用の課題を教えてください

根崎:一番の課題は採用コストでした。営業の目標数字から採用で使えるコストを考えると、アシスタント職採用を大手求人や紹介会社に依頼できるような余裕はなかったんです。それと、新卒も中途も採用に関しては私が一人で担当していて時間的なリソースが限られていたので、もっと効率的に採用活動をしたいとも考えていましたね。

導入前にも他の大手媒体で募集をかけていたものの、弊社はまだ企業認知度が低いためか、大手企業の求人が多いためか、その他の採用手法と比較して人材が集まりませんでした。また、イメージしやすい事業内容の会社であれば母集団形成もしやすいと思いますが、弊社の事業は「エンジニア向け人材サービス」という少し難しい印象を与えてしまうものなんです。だから、求人票だけではなかなか会社の良さが伝わりにくく、大手媒体経由で求職者の方に理解していただき、さらに応募してもらうことは難しいことでした。

―なるほど、採用コストと認知度が課題だったのですね。今回採用を考えていた人材像について教えてください。

根崎:今回は欠員募集ではなくて増員目的で営業アシスタント職を募集していました。一般的なアシスタント職とは少し違って、主体的に動いて営業をアシストし、より生産性を高められるサポートができる人材が欲しかったんです。

アシスタントはサポートが主な仕事なので、世話好きな人が向いていると思っています。それと、営業にとって必要なサポートを見つけ出し、作業を巻き取っていく能力は女性の方が高いのではないかと個人的には考えていました。

スカウト開封率の高さに圧巻 柔軟な思考とパワーのある2名の採用が決定 

―今回は弊社の求職者データを活用し、ご自身で採用活動をしていただくプランをご利用いただきましたが、いかがでしたか?

根崎:私がLiBz CAREERのシステムとの相性が良かったのか、今までで1番使いやすいシステムだと感じました。

特に求職者の情報がとても見やすいんですよね。欲しい情報が一覧に全部載っていて、最終ログイン日時も分かるので、アクティブなユーザーを探しやすいんです。それに、どの時間帯に返事が返ってきやすいかを予想できるというメリットもありましたね。

―かなり細部までチェックされていたんですね。具体的にはどのように活用されたのですか?

根崎:まずは営業志望の方全員と、弊社が希望する条件に合う方、関連のありそうな条件で絞り込んだ方のデータにざっと目を通しました。700~800名ほどのデータをブックマークしながら、1~2カ月ほどかけて確認していきましたね。

その後は、通常業務の隙間時間にブックマークした方や新規で登録された方をチェックするだけで十分でした。画面も見やすいし、ポイントを絞って確認できるので、少ない時間でかなり効率的な採用活動ができました。ブックマークに登録した人がログインしたら、すぐにスカウトを送るようにしていましたね。

送付するスカウトの文面は基本的には自分で作ったのですが、営業担当の方がサンプルを送ってくれたり、最終稿を確認してくれたりしたので助かりました。サンプルで見せていただいたフルサポートプランのスカウト文はかなり作り込んであるんですよね。だから、私も手を抜かずに3日ほどかけて、じっくりとテンプレートを作成しました。

そして、実際にスカウトを送る際にはテンプレートに加えて、出身大学や出身地などから自分と求職者の共通点を探し出し、そこに触れるようにしました。採用には直接関係のないただの雑談ですが、そのおかげかスカウトの開封率が非常に高かく、嬉しかったです。

―完全に使いこなされていたようですね。 求職者の印象や面接などはいかがでしたか?

根崎:面接の際に重視したのは、「営業から自発的に仕事を巻き取って、自分のものにしていけるか」という部分です。学歴や職歴ももちろん大切ですが、私はそういったパワーがあることが最も大切だと考えていました。だから、営業アシスタント経験がなくても、事務経験や接客経験がある方についても候補に挙げていきました。

LiBz CAREERに登録している時点で、キャリアについてはある程度考えている女性が多いだろうと推測していましたが、そこは想定通りでしたね。そして、面接まで進んだ方の多くは、弊社の要望にかなり近い人材ばかりでした。「この年齢層はきっとこういう悩みがある」「何を求めて、このフェーズでキャリアチェンジをするんだろう」など想像しながら、一人ひとりにしっかりと向き合って話をすることを心掛けました。

キャリアの選択肢や本人の目指すビジョンなどを聞いて、最終的に弊社のカルチャーにマッチングし、めげずにやっていけそうなパワーのある2名の方を採用しました。

―採用期間はどのくらいだったのでしょうか?

根崎:LiBz CAREERで情報を公開してから、1カ月ほどです。求職者のデータに目を通していた時期を合わせると約3カ月ですね。

そして、今回採用した2名のうち1名は、営業アシスタントではなくキャリアアドバイザーなんです。最初のうちは営業アシスタント職のみを募集するつもりだったんですが、求職者の方の情報を見ているうちに、「1つの職種だけでスカウトを送るのはもったいないんじゃないか」と思いはじめたんですよね。最終的には営業職とキャリアアドバイザー職を追加して全部で3つの求人を作り、採用をスタートしていました。

最初に時間をかけてたくさんの求職者を見たからこそ、こういった別のアプローチを思いつくことができたんです。キャリアアドバイザーで採用した方も、面接で話をしていくうちに、ご自身のキャリアや方向性を再認識して、「営業アシスタントしかできないと思っていたけど、もっと挑戦できるかも」と意識が変わっていったんですよね。募集の幅を広げたことで、職種だけでなく弊社自体にマッチする人材の獲得ができたのではないかと思っています。

与えられた情報を最大限に活用することこそが、低コストの採用活動を成功させる鍵

―弊社サービスを十分に活用していただけて何よりです。

根崎:私はこれまでずっと採用関係の仕事に携わってきたので、割と経験豊富な方だと思います。だから、これまでの経験を生かして、募集中のポジションでどういったキャリアが積めるかなどを想定しながら、弊社が求める人材に刺さるメッセージを作ってきたつもりです。それでも、いただいたサンプル原稿には目から鱗が落ちるような内容がありました。

「採用コストも時間的コストも抑えて優秀な人材を獲得したい」というのが多くの採用担当の本音だと思うんですよね。それならば、しっかりとノウハウを持っているサポートをうまく活用しつつ、豊富なデータベースを使っていくほうが充実した採用活動になると思いますよ。

■会社紹介 フリーランス支援、派遣・紹介事業やプログラミングスクール、メディア運営など様々な角度からのエンジニアのキャリア支援を行っている株式会社Branding Engineer。少数精鋭で小さなチームを複数構成し、ITを活用した新たな事業創造を行っています。

■採用職種 営業アシスタント

 

その他多数のご活用事例など
個別無料相談受付中

03-6455-0075

(10:00-18:00)