『書類選考通過率が5倍に!採用チームの生産性アップを実現』


ライフイズテック株式会社 取締役  讃井 康智 様

導入前課題

・面接実施数に対して、内定率が低く人事工数だけがかかる
・メディア経由で採用が上手く行かない

導入後効果

・書類通過率は5倍。優秀な女性に会う回数が激増で人事業務の生産性UP
・新しい採用スキームの構築で採用加速

応募者数に対して内定率が低い 採用活動のKPI見直しが大きな課題

―弊社サービス導入前の採用の課題を教えてください

讃井:弊社は教育事業がメインなので、教育に対する想いといった根源的な部分を大切にした採用活動をしています。「もっと社会を良くしていきたい」という“外向きのベクトル”を持つ志の高い人を採用したいと思っていたので、書類選考の段階から苦戦していました。

当時は、複数の求人サービスを利用していたので、応募者数は十分に担保できていました。でも、会社のビジョンにフィットするような人材がほとんどいなくて、内定率はかなり低かったですね。応募者のうち書類選考を通過して内定まで辿り着ける人が6%にも満たないという……。

結局、採用した人のほとんどが社員の紹介で、メディア経由の採用は全く期待できない状況でした。書類選考や面接の工数だけがどんどん膨れ上がるのに全く成果が出ないので、採用チームのKPI改善が急務だと感じていました。

―会社にフィットするような母集団形成は採用効率化の第一歩ですからね。LiBzCAREERを導入された決め手はどのようなものですか?

根崎:弊社が欲しいと思っているのは「キャリアをステップアップしていきたい」というキャリア重視の向上心と、「社会のために自分の力を役立てたい」という純粋な夢を追いかける心の両方を併せ持つ人です。どちらかに特化したサービスはあるんですが、両方を兼ね備えた人材を探せるようなメディアはなかなかなくて。いろいろと探しているうちにLiBzCAREERを見つけたんです。

最初に見つけた時には「ハイキャリア派のメディア」だと思っていました。でも、営業担当の方から話を伺って、働きながら自己実現をしたり、子育てから復帰して第一線に戻ったりできるように女性を支援するサービスだと知り、弊社と親和性が高いと感じたので導入に至りました。

情報公開直後から好感触 応募数も増え、書類審査の通過率もUP

―それは嬉しいお言葉ですね。導入されていかがでしたか?

讃井:導入してみて、LiBzCAREERの人材データと弊社の求める人物像の親和性が予想通り高かったことが証明されました。 応募数は相変わらず多かったんですが、まず書類選考通過率が他のサービスとは比較にならないほど高かったんです。弊社の事業にフィットする人がたくさん応募してくれたという印象でしたね。弊社はほぼ半数が女性社員なので、採用ではあまり男女のバランスを気にしないんですが、LiBzCAREERのサービスを使ってみて、優秀な女性人材は、「堅実で保守的な人」が多く弊社の人材タイプにマッチしている傾向にあることを感じました。

面接に来る人材の質の高さが変わり、生産性が上がった 自分のキャリアについてしっかり考えている人材が多いのがLiBz CAREER

―面接時と入社後のギャップなどはありましたか?

讃井:書類選考と面接でしっかりと見極めるので、大きなギャップはないですね。今回採用した2名は、書類審査の時点で「どうしても会ってみたい」と感じるほどに魅力的で、一次面接でも「やはり良い人材だ」と確信したほどの逸材だったので、かなり満足のいく採用活動ができたと思っています。

応募者の書類を見ていたときにも感じたことなんですが、紹介される人も応募してくる人も、LiBzCAREER経由の人材は本当に質が高いんです。だから、生産性がグッと高まりましたね。内定した2名は無事に入社して、事業開発と営業にそれぞれ配属され、すでにバリバリ活躍してくれていますよ。

―他社の採用担当の方にLiBzCAREERを勧めるとしたら、どんなところでしょうか?

讃井:LiBzCAREERに登録している女性の中には、自分のキャリアについてしっかりと考え、仕事でも自己実現をしていきたいと思っている「志の高い人」がたくさんいます。広報やPRといった女性が得意とされる職種だけでなく、営業や事業開発といったガツガツした職種でもフィットするような人材が必ずいると思いますよ。

■会社紹介 「子どもひとりひとりが持つ可能性を、最大限伸ばせる社会をつくりたい」という想いで2010年に創業したライフイズテック株式会社。中学生・高校生向けのIT・プログラミング教育プログラム「Life is Tech!(ライフイズテック)」を運営し、質の高いIT教育の提供を目指しています。子どもたちがプログラミングなどのクリエティブな能力を身につけられるように、「教育×IT×エンターテイメント」という軸で様々な企業とコラボレーションしてイベントやプログラムを企画し、子どもたちの未来をより良くするための新しい挑戦を続けています。

■採用職種 営業/アシスタントプロデューサー

 

その他多数のご活用事例など
個別無料相談受付中

03-6455-0075

(10:00-18:00)