スカウトを1通も送らずに掲載から2週間で3名をスピード採用!M&A後の事業拡大のため増員募集


株式会社つなぐ 代表取締役社長 生田 真崇さん(写真中央)/ 求職者インタビュー 神谷 愛美子さん(写真左)

導入前課題

・新卒社員をマネジメントする人材がいない
・採用コストを抑えたい

導入後効果

・スカウト工数をかけずに母集団形成
・2週間で3名のスピード採用
・マネジメント体制の構築

M&Aを機に事業拡大を目指して
新卒を育て、マネジメントする人材の採用が急務だった

当社は2013年12月創業で現在6期目を迎えています。これまでは私一人で経営をしてきましたが、事業拡大をするため、一年ほど前から新卒5名の内定が決まっていました。ただ、その時点でマネジメント層は私一人のみ。そこに、昨年の2018年末にM&Aの話がまとまって、ペッツファースト株式会社というペット業界で年商100億円、店舗数約80店舗を抱える会社の傘下に入ることになり、資金的な余裕もできたことから、新卒の社員を育て、マネジメントする人材を中途採用することにしたのです。

多くの中途採用媒体がある中で、なぜLiBzCAREERを使ったかというと、創業当初から存じ上げておりまして、コンセプトなどに共感したいたこともあり「求人媒体として女性の採用をするとしたらLiBzCAREERだ」とずっと考えていました。しかし、当時のLiBzCAREERは今よりもコストが高かったことと、当社が積極的に中途採用を行っていなかったこともあり利用に踏み切れませんでした。そんな時に、LiBzCAREERの料金改定があり、その案内をしてくれた営業担当者が信頼できる方だったため、導入することに致しました。

募集職種は、営業とキャリアコンサルタント、広報です。新卒の場合は人柄が一番の採用基準なのですが、中途採用ではスキルを重視しています。当社の現在のフェーズでいうと新卒のマネジメント経験を積まれている方を採用したいと考えました。新卒の子たちには「営業」「企画」「マーケティング」「広報」の4つを学んでもらい、将来的に当社でなくても通用する子になってほしい、そういう思いで採ったので、今回中途で採用する方は、そういった部分を教えられることが一番の条件でした。経験重視のため、学歴は気にしていません。経験を重視し、そして何よりも新卒の子たちを任せられる人材を探すということが最優先で、中途採用活動をスタートしました。

付与されている1600通のスカウトを1通も使うことなく優秀人材の応募を獲得できた

トータルでお会いした方は20人ほど。年代的にいうと30代の方が多い印象でした。キャリアを積まれている方が多く、継続的に働き続けたいと思われている中で、仕事や働き方を変えたいという方に弊社の求人はマッチしたのかもしれません。今回エントリーいただいた中には有名な一流企業に務めているハイキャリアの方もいらっしゃいました。

また今回、驚いたのがダイレクト・リクルーティング媒体なのに、スカウトは一通も使っていないということです。1600通のスカウトを付与されていましたが1通もつかってないんです(笑)。こちらがスカウトをかける前に『興味がある』と付けていただいた方が796件と非常に多く、結果的にエントリーいただいた9割の方が『興味がある』を付けていただいた方でした。ですので、「興味がある」という通知を頂いた方のレジュメを拝見していいなと思う方には「よければ面接、面談にお越しください」と連絡をし、面談の調整をしていました。当社にご興味をお持ちいただけて共感いただける方から選びたいと思っていたので、非常に理想的な母集団形成ができたと思っています。

圧倒的なコスパ
採ろうと思ったら、あと20名は採れる媒体

今回はコスト面で、採用単価がだいぶ抑えられています。年間で何名採れるかによってコスト観が変わってきますが、ポテンシャルとしては採ろうと思えばまだまだ採れるという風に感じています。今のタイミングで20人採ろうと思ったら採れる。そういう媒体でした。

もともと当社の条件面は働き方を考えられている女性には特に刺さるポイントがあると思いますが、結果的にエントリー率が高く、掲載日から2週間足らずで3名の内定承諾に至りました。そのスピード感に自分でも驚いています。また今回採用したうちの一人は、直近ベンチャー企業で役員をやっており、スキル、経験、人柄ともに非常に優秀でした。

株式会社つなぐは単なる人材会社ではなくPR会社でもありIT会社でもあります。今後、色々な事業に投資をして柱を作っていきたいと思っているので、まさに今回の採用成功でそういった新規事業拡大に向けた、土台が出来上がったと思っています。まさに、私としては、今回の中途採用は「当社の創業メンバーが入って来てくれた」という感覚です。LiBzCAREERには、そのお手伝いをしていただいて、とても感謝しております。組織を成長させる原動力としての人材採用にさらなるパワーを発揮していくことを楽しみにしています。

聞きたいことが聞きやすいプラットフォーム
だからミスマッチが起こりにくい

求職者インタビュー 神谷 愛美子さん

私は、これまで2社のベンチャー企業で働いてきました。1社目は医療系の学会運営をする会社でした。プロデューサーとしてすべての業務を一任され、自分の案件に関しては事業計画から終わりまで全部を任されていました。経営に関わる仕事をしたく、次に入ったのは設立して2年目くらいのペットシッターのフランチャイズをしている会社でした。そこでは営業から運営サポート、経理、財務、最終的には法務周りまで本当にいろんな経験をさせてもらいました。最終的には役員に就任することができ、事業計画やその結果を肌で感じる環境で働いていました。仕事にやりがいはあり、一通り自分で何でもできるようになりましたが、私のモチベーションはそこではなく、どちらかというと得たスキルなどをメンバーに教えることのほうがやりがいにつながると感じていました。ただ、前職では労働時間や教育体制などが整っていなかったこともあり、人材の教育環境を整えることを重要と捉えている企業で、育成をしたいと考えるようになり、転職活動をはじめました。

転職活動にあたって、求人媒体をいくつか平行して利用していました。それこそ大手求人媒体は基本的にはどれも登録はしていました。しかし、どちらかというと企業寄な作りで、求人を出す企業がいかに魅力的に見えるのかというのが注力されて作られているように感じました。


■会社紹介 ミスマッチのない社会の創造を目指し、2013年に設立された株式会社つなぐ。新卒採用支援サービスとして社会人が講師を務める「つなぐ大学」や第二の人事部として企業の採用支援を行うオーダーメイド型サービス「きっかけ」、就活支援サービスとして口コミメディア「就活経験値シェアノートEx」や地方就活支援メディア「JPN47」等を運営。企業・学生の双方に対する全方向支援を展開している。

■採用職種
・営業
・広報
・キャリアコンサルタント

 

その他多数のご活用事例など
個別無料相談受付中

03-6455-0075

(10:00-18:00)