上場準備に向け“スピード、効率性、再現性、正確性”を兼ね備えた即戦力人材を募集。導入後5名の採用実現


株式会社WACUL  取締役CFO 竹本 祐也さん

導入前課題

・事業規模拡大とともに必要となった新しい職種を担う人材の確保
・社員からの紹介に頼らない新しい採用チャネルの構築
・採用コストがあまり割けない

導入後効果

・キャリアビジョンにマッチした人材からの応募で、運用負荷を軽減
・リファラル採用に頼らない採用チャネルを構築
・定額制で追加費用も不要なサービスの導入でコストを抑制

事業規模拡大と上場準備に向けた、新たな人材の確保

Webコンサルティング会社として創業して9年になる当社は、約3年前から、主要事業をコンサルティングの提供から、コンサルティングを行なう人工知能ソフトウェアの提供へとシフトしました。新事業では、ソフトウェアをクラウドで稼働させる“SaaS型”のソリューションサービス「AIアナリスト」を提供しています。このサービスは、顧客のWebサイトのアクセス解析データなどのビッグデータを自動的に取得し、AIがマーケティング観点の解析を行なって、データから見える課題に対する改善方針を提案。すでに2万8000サイトが登録されており、分析する月間セッション数は40億以上の大規模なサービスに成長しています。

当社では、主要事業であるAIアナリスト事業の拡大を機に上場も視野に入れていたため、新しい人材を採用する必要が生じていました。

新しい採用チャネルの導入で、リファラル依存を脱却

既存の社員の多くは、社員の紹介によるリファラルの手法で採用していましたが、人数規模を拡大するためには、リファラルのみでは限界があると考え、新しい採用チャネルが必要になりました。優秀な人材を獲得するために人材紹介を考えましたが、人材紹介会社経由では採用コストが高くなってしまうため、もっとリーズナブルに採用したいと思っていました。そこで、定額制で追加費用が発生しない「LiBzCAREER」を導入することに。採用の決め手は、ほかの求人媒体に比べてランニングコストが抑えられる点で導入ハードルが低かったこと、そして登録者のデータベースの親和性です。

求めたのは、新事業へのシンパシー。そして“スピード、効率性、再現性、正確性”を兼ね備えた即戦力

採用活動を開始するにあたり、SaaSなどのソリューション営業の経験者や上場業務の経験者であることに加えて、当社のサービスやビジョンに共感できる人材を登用したいと考えていました。というのも、優秀で高スキルな人材でも、当社のカルチャーに合わなければ活躍していただけない可能性があるからです。さらに、当社の事業に適した資質として“スピード、効率性、再現性、正確性”を兼ね備えていることも重視していました。一方で、当社の採用活動にかけられるリソースは、HRに在籍する1名のみ。その1名が採用と人事全般を行なっているため、多くの工数を割けないという状況でもありました。

応募者のスクリーニングにかかる工数が軽減。計5名が採用に

そういった状況下でしたので、LiBzCEAREERを導入し、比較的すぐに母集団形成ができたのは非常に魅力的でした。LiBzCAREERには、3つの母集団形成ができる仕組みがあります。1つ目に“求職者から応募していただく”、2つ目に“興味があるという意思表示をいただいた方に返信する”、最後に“こちら側からスカウトする”という経路です。当社は 2つ目の“興味があるという意思表示をいただいた方に返信する”手法で、3名の採用決定ができました。最終的には、30名弱の応募者から営業2名、コンサルタント、経理、ライター・コンテンツディレクターと計5名の採用に至りました。

初回面接では当社とのカルチャーにフィットしているのかを意識して見ていました。 そのうえで、相互の希望に合致する方に部門別の面接に進んでいただき、部門別面接では、どのような経験を積んできたかなどのスキルについて細かくヒアリングしました。みなさん一貫しての印象は、プロフェッショナル意識が高く、自分で積極的にキャリアを築いていくタイプの方が多かったように思います。そういった方々は、大企業ではなく、むしろスタートアップである当社の将来性や職場環境にシンパシーを抱いていただけることが多く、入社に至った方が出てきてくれたのだと感じています。

また、入社後も面接の際とギャップなく、すぐに活躍してくれています。特に、営業メンバーは、時短勤務でありながら成果を出しています。また、コンテンツディレクターは専門性を生かしつつ、変化の大きい新事業の現場をうまくまとめてくれています。結果的に、面接はすべて2〜3回ほどで完了し、工数を割けないなかでのスピード採用を叶えたことは同サービスを導入した効果だと思っています。

スキルが高く、責任のある仕事を求めている求職者が多い

今回LiBzCAREER導入して思ったのは、経験豊富でスキルもあり、責任ある仕事を求める指向性・メンタリティの人材が揃っているということです。一方で、時短勤務やフレックスタイムを希望される方も一定数いらっしゃると感じました。ですので、初回の面接では、HRの担当者が時間をかけて会社説明を行ないました。当社はスタートアップで、知名度もまだそう高くない企業ですので、応募者にはまず、当社および当社の事業に関心を持っていただくことが重要だと考えていたからです。また、当社の社員は、フレックスタイムや在宅勤務を導入し、社員全員が独自の働き方で実力を発揮している文化があります。子供を保育園に送ってからの出社でも充分に間に合うコアタイムを設定したフレックスタイム制の労働環境や、時短制度、子供の発熱などにも使える有給の病欠休暇、そして働く時間によらず出した成果に応じた評価制度やキャリアステップなど、大企業にはない自由度の高い職場環境を精一杯ご紹介させてもらいました。そういった当社のカルチャーや柔軟なワークスタイルに魅力を感じていただくことも重要だと判断し、会社説明は特に注力するようにしていました。結果、とても優秀な人材の採用ができ、本当に良かったです。

当社のようにフレキシブルな働き方ができる企業では、LiBzCAREERの会員の方たちは、本来の能力を発揮して活躍できるのではないか、という印象を持っています。今後伸びていくスタートアップの企業や事業拡大フェーズの企業にはすごくマッチするサービスだと思います。

採用職種

  • 営業:2名
  • コンサルタント:1名
  • 経理:1名
  • ライター・コンテンツディレクター:1名

■会社紹介

株式会社WACULは、”テクノロジーでビジネスの相棒を一人ひとりに”というビジョンの基、Webマーケティングに関わるビッグデータを分析し改善提案を行なう人工知能「AIアナリスト」を提供している。より高性能で簡単に利用できる人工知能サービスを開発することで、特別なトレーニングを受けていない人でも、データを元に意思決定を簡単に行なえる世の中の実現を目指している。

 

その他多数のご活用事例など
個別無料相談受付中

03-6455-0075

(10:00-18:00)